FXで金利生活

1ヶ月も経たずにトラリピ利益9,000円!ポジ増やしたくなる病が出ちゃう

   

2月22日(猫の日)から始めたトラリピが好調です。
猫の目のように相場がクルクル動いて、好調でした・・・・・・とうまいことを言ってみたつもり。

 

ちなみに利益は、先週までで+9,000円です。1ヶ月のお小遣いが1万円増えたと思うと、うれしいです。

 

・・・えっと、たいしたことなかったですね。はしゃいでしまってお恥ずかしい姿をお見せしました。

しかし、トラリピには都合のいい相場なのか、ECBの政策金利発表とドラギの会見があった日に、一夜にして10万円稼げたというブログも!!しかも、そんなすごい成績を上げているのに、デイトレーダーやスキャルの人はもっと稼いでいるという記述がありました。いやあ、稼いでいる人は稼いでいるもんですなあ。

 

好調だからといってポジション増やしたくなるのは危険

現在のトラリピ設定は、ドル円を1000通貨単位、112円台以下で買い(ロング)、113円台以上で売り(ショート)、利益は500円で決済と仕掛けているのみです。トレール決済にしたのが良かったのか、1回あたりの利益も1千円超えが出たり調子が良い。

 

値動きのゆるい米ドルだけでこれだけ儲かるのだから、もっとポジションを増やしたいです。仕掛けの値幅を小さくしたいですし、他の値動きの大きい通貨ペアでもポジション持ちたい。今のレンジ相場ならもっと稼げそう。

 

そう考えてしまうのは、とても危険です。

たいていのケースで「もっと行ける!」とポジションを増したところがおしまいだったりするわけです。今はうまく行っていますが、いつまでもこのレンジで動くわけはないですよね。

トルコリラの含み損を見て、落ち着こう。これも自分への戒めですね。徳川家康のしかみ像みたいなものです。

 

徳川家康 しかみ像苦虫噛み潰したようなこの顔は、徳川家康が三方ヶ原の戦いで武田信玄に大敗した際に書かせたものといわれています。

 

浜松城に戻った家康は、苦渋の表情の肖像画を描かせ、これが現在、徳川家康三方ヶ原戦役画像、通称「顰像」として残っている。これは一般に、血気にはやって武田軍の誘いに乗り、多くの将兵を失った自分に対する戒めとして描かせたとして知られ、この後に熱くなった自分を抑えるために絵を見て自重していたという逸話が残っている。-wikipedia

僕もすぐに熱くなってしまうので、自分の感情を抑える術が欲しいです。

 

トルコリラの含み損は時が解決する

トルコリラの含み損は、焦ってポジション増やさなくてもいいよ、とも教えてくれます。

トルコリラは現在39.46円ということで、含み損は-30万円まで減りました。地道に貯まるスワップと一方的ではなく、たまには反発する為替レートのおかげでかなり回復してきています。

また暴落もあるかもしれないけど、この調子でがんばってくれれば強制ロスカットにはならずに済みそうです。
この調子が長続きして欲しいですね。⇒トラップリピートイフダン

 - FX